SL埼玉ネットの立ち上げ

5月24日(火)午後2:00~埼玉県の武蔵浦和駅前のサウスピア8階会議室において「埼玉ネット立ち上げのsikizaiための集会」が開かれた。

これは2月に本部事務局においての初会合を経ての準備会というもので、SLとは「セーフティー・リーダー」の頭文字で子供たちには「汽車」と間違われるが、阪神大震災の教訓を生かして当時の政府官房長官でもあった石原信雄氏肝いりで作られた「災害救援ボランティア推進委員会」が20年以上に渡り、各大学などを会場にSL養成講座として受講してきたボランティアの名称である。既に1万人以上の修了者を輩出する伝統あるボランティア団体でもある。事務局は東京・九段の日本法制学会にある。(写真は装備品展示、会場設営、報告の様子)
続きを読む

カテゴリー: 災害支援情報 | コメントする

熊本・大分地震(続報)

今日は東日本大震災から5年と2か月目の月命日に当たる。まだまだ予断を許さない今回の震災だが、1か月になる段階で災害ボランティアとしての部会を中心にその対応情報を報告しておこう。東日本の教訓が全く生かされていないとして、この5年間何をしてきたのかという反省と共に、今回の国の対応の酷さもいつか問題提起する必要はあるだろう。ともかく、今回は我々の団体や仲間の初動を中心に、メールでのやり取りを紹介し、ご報告する。

まず、震災のニュースが流れた段階で、東日本大震災でも活躍したおよそ3千(現在はもう少し減っているとは思うが)の関連団体やNPOをネットワークするメーリングリスト(ML)が災害支援モードに切り替わり、その情報が飛び交うことになる。第一報は以下の緊急連絡でした。

「本メーリングリストは只今より災害モードとします。人命救助優先です。
<認定特定非営利活動法人日本レスキュー協会・九州救助犬協会あて>
新たな不明者が発生した場合に備えて、全日本救助犬団体協議会特定非営利活動法人日本捜索救助犬協会は出動待機中です。市民キャビネット災害支援部会市民救助隊は出動の場合同行します。(運転、広報)応援必要性について連絡下さい。道路状況が悪いようですが、通行可能ですか?九州救助犬協会他県メンバーは合流できていますか?益城町にヘリが着陸できますか?
市民キャビネットスマートICT部会がFacebookを立ち上げ情報共有しています。https://www.facebook.com/groups/880688795409687/ 」

続きを読む

カテゴリー: 災害支援情報 | コメントする

熊本・大分震災について

kumamotojyou2016年(平成28年)4月14日21時26分以降に熊本県と大分県で相次いで発生している地震である熊本・大分震災について、被災者の皆様にはお悔やみを申し上げますとともに、皆様にはこの間、全く情報をアップできなかったことをお詫び申し上げます。

まだまだ現段階でレポートが出せる状況ではなく、ひとまず「市民キャビネット災害支援部会」の災害支援の状況報告を中心に、今回の震災の特徴と現状での課題の一端でもレポートできればと思います。第一弾のレポートで、まだ引き続く地震であり、本格的な支援ボランティアの活動はこれからというところであり、地震そのものが進行中というところでは、きちんとしたレポートはもう少し時間が必要だとご容赦ください。

続きを読む

カテゴリー: 熊本・大分地震 | 1件のコメント

5年目の3.11

mokutou5年目の3月11日(金)午後2時46分、多くの街で防災無線から被災地への慰霊を込めてのサイレンと黙祷への放送が流れたことだろう。

市民キャビネットではスマートICT部会が、全国の地域SNS研究会の拠点を繋いでの災害対応訓練を実施した。

続きを読む

カテゴリー: 協働型災害訓練 | コメントする

3.11、5周年記念災害対応訓練

<追加>災害ボランティアへの呼びかけ用チラシがPDFでできました。 バーチャル災害訓練 バーチャル参加ご希望の方は、お問い合わせ欄から、必要事項をご記入の上、送信ください。実施後、参加人数をお知らせください。

news

バーチャル協働型災害対応訓練実施へ

今度の3月11日に向けて、市民キャビネットスマートICT部会が、地域SNS研究会とコラボして各地域をつないだ、東南海地震(南海トラフ)を想定した災害対応訓練を呼びかけている。部会では大宮・日進の事務所に班長クラスを終結させ、東南海地震を想定し、地域SNSの拠点を繋いで物資を集め、それに係る情報共有を行う。埼玉は、東日本大震災の時に実際行ったように①支援物資を集めて仕分けして現地に配送する。②要請のあった箇所に救助犬を配置。③市民防災ヘリによる支援。④上記の①②③にICSを基本とする、係るロジステッィク、費用の算段、後方支援と情報収集を行う計画だ。現在、10以上の地域SNSが参加の予定だと聞く。

続きを読む

カテゴリー: 協働型災害訓練 | コメントする

埼玉県でのネットワーク

来月の3月SL11日は、東日本大震災から5周年に当たる。この5年間災害ボランティアの活動が大きかった。元々市民活動やNPO法人の役員、まちづくりとボランティア活動に大きくかかわってきたこともあり、大震災が及ぼした影響としては当然だったかもしれない。

とはいいつつ、こうした救援、支援活動はアドホックなもので用が済めば元の活動に戻るのが原則であったともいえる。実際、戸田市NPO協働センターという東日本大震災支援のネットワークはその年に一定の成果をまとめる形で市民100名ほどを集めた報告会のあと解散した。集まったNPO法人や市民活動団体は平時に戻るものもあり、私のところのいくつかはワゴン車を2台寄贈したりで体力がなくなり、メンバーの高齢化や死もあって閉鎖したところと代替わりする法人も出ている。

続きを読む

カテゴリー: 災害支援情報 | コメントする

台湾南部地震支援ページ発足

【市民キャビネット】2taiwann016/02/06 台湾南部地震支援がfacebookに立ちあがりました。従来の緊急支援メーリングリストも機能していますが、facebookをご利用の方はアクセスしてください。
義援金の募金も行っています。

既に認定NPO日本レスキュー協会が隊員3名と救助犬3頭を派遣するそうですが、こうした各団体との連携、ネットワークを迅速に行うためにも、今回の「協働型訓練」での課題や問題提起を早く実現できればと思います。 続きを読む

カテゴリー: 災害支援情報 | コメントする

首都圏直下型大震災支援シュミレーション

sugito20671月29日、30日の2日間、埼玉県杉戸町の彩の国いきいきセンター・すぎとピアを会場に、3回目となる「協働型災害訓練」が行われた。

3年目ということもあってかなり中身が充実したものになったが、あいにく寒波で雪情報もでていた影響で参加者は一番悪かった。それでも1日目は50団体80名、さらに天候不順の予報の2日でも60名以上が参加。NHKの朝の首都圏ニュースに29日の訓練が採り上げられ放映されるなど、ある一定の効果が出てきたところだろう。 続きを読む

カテゴリー: 協働型災害訓練 | コメントする

第3回協働型災害訓練 in 杉戸

sugito

今回で3回目になる災害ボランティア団体と行政の「協働型災害訓練」が来る1月29日(金)・30日(土)の2日間に埼玉県杉戸町で行われます。参加ご希望の方は左の画像からfacebookのページにリンクしていますので、サイトからも参加登録できます。

続きを読む

カテゴリー: 協働型災害訓練 | コメントする

NPO防災まつり報告①

 

npo1 11月14日(土)の第1日目はあいにくの雨模様で1日降ったりやんだりで寒いお祭りとなってしまいました。フリーマーケットの皆さんは、近くで渋谷区の防災イベント同様、雨天中止ということで会場も閑散としていましたが、何とかこちらは「雨天決行」が災害対応の基本だということで開催することになりました。 続きを読む

カテゴリー: NPOまつり | コメントする